FC2ブログ

90's

どーも。
今週は早かったですね。もう金曜日。
また3連休。先週も言いましたけどそんなに休みいらないです。
だって、次仕事行くのバリクソ嫌になるからです。

さて、ここ1年くらいでしょうかね。私、8cmCDを買い漁っておりまして。

昔のシングルCDですね。長細いジャケにちっちゃいCD。
機種によってはアダプタ付けないと再生できない面倒なやつ。

マキシシングルに変わってからというもの、全く見ることがなかったですけど。
中古にはなりますが、あるところにはあるものです。

買い漁っている理由は特にありません。
強いて言うなら、90年代が私の中で再ブームとなっているからでしょうか。

当時だったら見向きもしなかった曲とかでも、
懐かしさと中古の安さあまりについつい買ってしまうので、
もうこれは、自分の中で90年代という10年間を彩った曲たちをコンプリートして、
究極のベストを自分で作ってやろうと思っております。

途中経過ではありますが、一部はこんな感じ。



懐かしいですね。というか一度もきちんと聞いたことない曲さえあります。

iTunesに8cmCDのA面だけを取り込みプレイリストを作り、
プレイリストだけを同期できるようバラバラの音源は削除し。。を繰り返して。

現状は、

99曲7時間55分

コンプリートまではまだ数曲候補が残っておりますので、
8cmCDが見つからない曲はアルバムから引っ張るなどの邪道な手を使ってでも、
完成させたいと思っております。

こういうことを一人でこそこそやってる時にニンマリしてしまいますね。
スポンサーサイト




ご訪問ありがとうございます。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ にほんブログ村 その他日記ブログ ロストジェネレーション世代へ


ASKA脱退に思う。

これは触れないでおこうと思っていたけれども、
私の思春期にかなりの影響をもらったアーティストのことなんで。。

思いにふけながらここ2日は久しぶりに聞いています。


CHAGE&ASKAからASKA脱退。

率直に残念だし寂しいです。

気がかりなのは『相棒はこの決定を受け入れないと思う』と
『何を言っても覆らないことだろう』っていう2人からの言葉。

よく話ができなかったんだろうなと。2人にしかわからないすれ違いがあったんだろうなと。
まぁ、私が推測で彼らのことを語ったところで仕方ないので。。

残念な決定ではありますが、
私がこれからも彼らの音楽を聞くことには何も変わりません。

割と激しめの音楽を好む私にとっては癒やしの音楽ですから。

小学校6年生の時に『太陽と埃の中で』を聴いてからというもの、
一気にのめり込みましたね。
当時はブルーハーツ、X、チャゲアスっていうカオスなラインナップで満足してました。

『SAYYES』からの超絶人気のときには、ほぼアルバム網羅してましたから、
周囲から一目置かれる存在でした。

チャゲアス好きの同級生とも初恋があったりしましたし。その後、失恋も経験しましたし。
私にとっては彼らの音楽は私の14歳~17歳を象徴するものなのです。

そこから、途切れることなく無期限活動休止になるまで、ソロももちろん
ずっとお世話になってきました。

そんな思い出ばかりが詰まった音楽を作ってくれた彼らに感謝です。

これからも聞き続けます。


ご訪問ありがとうございます。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ にほんブログ村 その他日記ブログ ロストジェネレーション世代へ


音楽は作る過程はどれも尊い

ども。

昨日だったか、
矢沢永吉のドキュメントを見ていた時、不意に

あれ?永ちゃん派やったっけ?長渕派じゃなかった?って聞かれた。



私は特に派閥には属してないし、
まぁ、どっちかと言えば長渕のほうが好きかもしれない。否、むしろチャゲアス寄り。

だからって別に良いじゃんね。見ても。

多分、このドキュメントを見ても永ちゃんのアルバムを聞こうとは思わないだろうけど、
どうやって音楽を作っているのかはとっても気になる。

どんなミュージシャンでも言えることだけど、
音の好き嫌いはあっても、作る過程って言うのは尊い作業だと思っているので、
この手のドキュメンタリーは私にとって好物だ。

見ていて一つ激しく同意したことがあって、
「今はガキの音楽ばっかりだから大人の音楽をこのへんで出しとかないと」

そうそう。ほんまに仰るとおり。

あとは、やっぱり矢沢っていう生き様。
毎日の生活の中での気持ちの置き方を少し学んだ気がする。

音だけだと手に取らないミュージシャンでも、
作る過程が見えると勉強になることが多い。

ご訪問ありがとうございます。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ にほんブログ村 その他日記ブログ ロストジェネレーション世代へ


ワタシハトテモヒネクレモノデス




どもども。

ワタシハトテモヒネクレモノデス。

はい。
先日、「ボヘミアン・ラプソディ」を見たと記事を書きました。
私の感想としては、世間が騒いてるわりにどうなん?だったんです。

でね。
ラジオなど聞いていると最近はそうでもないけど、
映画がピークのときは毎日、クイーンがかかるわけ。

悪くないよ。でもさ、ブームに乗っかってクイーン推しは。。。ちょっと勘弁。
その頃、クイーンのCD貸してあげよっか?って言われて断るのに苦労した。

正直、あの映画みてCD聞きたくなるモチベがわからん。
ライヴ・エイドのシーンだって事細かに再現されてるけど、
本物のライブにはかなわんでしょ。

映画内の音源やヴォーカルなんかはクイーンメンバーが仕切ったらしいからとっても良かったけど。。

年季の入ったクイーンファンに怒られるよ。
急にCD聞きだして、「オレ、今クイーンやねん。」ってイキってたら。

映画に影響されてベスト盤くらいを聴き出したくらいだと、
ほんの上澄みくらいしかクイーンのこと知らんのにさ。

ずーっとクイーンのファンだったらこの映画だってもしかしたら、
「いや、知ってるし」くらいに受け止められてるかもしれんし。
劇中の曲じゃなくって、「あのアルバムのあの曲が・・」って思ってるかもしれんしね。

まぁ、ごちゃごちゃ言いましたけど平たく言えば「にわかが嫌い。」これに尽きる。
ブームに乗っかってるのが恥ずかしい。絶対イヤ。

にわかが居るから、その対象がピックアップされるからこそ活動できる。
っていうのも然りなんですが。

でも嫌い。
私は昔っから何か盛り上がり過ぎることが起こると、
「ちょっと一旦落ち着こ。ほんまにええか?それ?」って一歩引くのが常。

ブームなんて一過性のもの。これまでいろんなブームがあったけど長くは続かないし、
時間が経てば、懐かしいとまで言われてしまう。もったいない。
だから、加熱しているときに乗っかちゃうなんてサブイ。

某テレビドラマのエンディングのダンスなんかは、
こぞって踊ってる人たちをまとめて軽蔑してました。
(出席した結婚式でフラッシュモブ的にこのダンスが始まったときは、私の目は死んでました。)

私はこういう時、ブームの火が完全に消えたときに、
まだ、自分の中で鮮度があるかどうかで手を出すか出さないかを決めます。

今回のクイーンは僕には合わないようです。

ご訪問ありがとうございます。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ にほんブログ村 その他日記ブログ ロストジェネレーション世代へ


今はこれを聞いています その4

hi! what's up everyone!
did you spend nice day?

今日も何事もなく過ぎ去ろうとしておりますが、、、





さてさて、東京では桜の開花が早かったみたいですね。
今週の冷え込みで桜の持ちが長くなったと聞きました。

こちら関西はまだ、8分というところかと思います。
昨日くらいから暖かさが戻ってきて、入学式もあって、
桜も今が一番!って感じです。

こう気温が上がって来ると、お出かけしたり散歩したり、
お日様を楽しむ事が多いのかなと思いますが、
それにピッタリの曲を今はヘビロテです。

サーフミュージック
jack jhonson

サーフミュージックって言うくらいですから、海辺がとても良いですし、
もちろん夏が良いんですけど、アコースティックギターの奏でが、
春の暖かさでも海辺を思い起こさせてくれます。

柔らかいアコギの音色。今の時期の暖かい日中に昼寝しながら聞きたくなります。

ザ・エッセンシャルズ

新品価格
¥2,381から
(2019/4/5 16:52時点)



ご訪問ありがとうございます。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ にほんブログ村 その他日記ブログ ロストジェネレーション世代へ


プロフィール

雨時々ファンタジスタ

Author:雨時々ファンタジスタ
超インドアで人見知り。一人を好みます。でも友達欲しい。普通のリーマン。

Sponsered Link

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

Sponsered Link

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Sponsered Link